伊藤靖隆
連合自治会会長

(高地区会長)
(西古川自治会長)
 この度、富田地区連合自治会長に就任致しました西古川自治会長の伊藤靖隆です。

 富田地区は昔から旧東海道を中心に西は農業を主な生業とする茂福地区と東は漁業を主な生業とする東富田地区として発展してきました。

 富田地区には平成28年12月1日にユネスコ無形文化遺産に登録された、国指定重要無形民俗文化財の「鳥出神社の鯨船行事」があります。
鯨船は浜地区に北島組の神社丸、南島組の感應丸、中島組の神徳丸、そして高地区に古川町の権現丸と4艘あり、毎年8月14日、15日の両日に開催される鯨船行事では、14日に町練り、15日は鳥出神社にて本練りを奉納します。
また、富田地区には西町、北村町、茂福町に石取り祭りがあり、富田の夏祭りと称してお盆の時期は一日中祭り一色になり非常に賑やかになります。
鵤地区では時期は遅れますが大太鼓と大鐘が開催され、その文字通りの大きな太鼓には圧倒されます。

 最近は、核家族化が進み、高齢者の孤独死や集合住宅ではお隣がどんな人かもわからないと地域のコミュニケーション不足が言われていますが、祭りは町内のコミュニケーションが良くなり、絆が強くなります。

 連合自治会は近い将来必ず来ると言われている南海トラフの巨大地震、巨大津波に対して自治会、社協、自主防災隊、消防富田分団の方々と協力して被害を少しでも少なくしたいと思います。
また、富田地区は狭隘道路が多く、高齢者も多いため外出時には常に危険が伴います。地域の方全員が譲り合う心、思い合う心を持って安全で安心して暮らせる地域にしていきたいと思っています。

皆さんよろしくお願いします。

 
渡辺文一
連合自治会副会長

(浜地区会長)
(新町自治会長)
 
前期につづき富田地区連合自治会副会長として重責を担うこととなりました。

 日々多岐にわたる自治会業務に直面する中、責任の重さをひしひしと痛感しております。
まだまだ未熟な点も多々あるかと思いますが、皆様ひとりひとりのお力添えをいただきながら、精一杯頑張って務めさせていただきます。

 幸い私たちの富田の町には、ユネスコ文化遺産に登録されている「鯨船」をはじめ、「石取り」などのまつり文化が根付いております。
また長年伝統のある地区体育祭や納涼祭など、季節ごとにいろいろな行事がたくさんあります。
それらのさまざまなまつりやイベントを通して、住民同士が更に交流がはかられて、地域住民の『絆』がより深まり、しいてはそれが富田の町の活性化や地域力の向上につながればと考えております。

 また、日頃からの防犯活動やいつか必ずやって来るであろう大地震に備えた防災対策など、安心安全の町づくりも更に深化させる必要があると考えております。
これら地域住民の皆様に支えられた自治会活動が、いざ有事の際には大きな力の源泉になることと肝に銘じて、諸々の課題に真摯に取り組む覚悟でおります。

皆様の更なるご支援ご協力をどうぞよろしくお願いします。


 岡山厚志
連合自治会副会長

(茂福地区会長)
(茂福北ノ町自治会長)
  

昨年度から富田地区連合自治会副会長となりました茂福北ノ町の岡山厚志です。
 担当する町の自治会長だけではなく、富田地区連合自治会の三役となり、その職責の重さに身が引き締まる思いをしています。副会長となって2年目ですが、まだまだ未熟者ですので、まだまだ勉強が必要な事ばかりです。

  富田地区の体育祭など様々な行事、また鯨船まつりや石取まつりなどの伝統行事、先輩の方々が培ってこられた安全安心のまちづくりを始めとする地域のまちづくりの取組、巨大地震などへの防災対策、今後ますます進んでいく高齢社会への対応など、さらには新型コロナウィルスの感染拡大防止への取組など勉強が必要な事柄は枚挙にいとまがありません。

  こうしたことについて勉強し、経験した上で、何か改善点が必要であれば皆さんの意見を伺いながら改善案を検討し、実行し、さらに検証して改善していくという取組が重要だと私は考えています。

  これまでお世話になった富田地区に、少しでも恩返しができればという気持ちで、精一杯務めさせていただきますので、どうか皆さんのご支援、ご協力をよろしく御願い申し上げまして、あいさつとさせていただきます。